りんごの皮に秘められた意外な効果

そのまま食べることに抵抗があるのは農薬のことを心配しているから

りんごの皮は生ごみとして捨てられることがほとんどです。
りんごを食べるときに皮をむいてそのままゴミ箱に捨てるの普通のことだからです。
実は側には味よりも栄養がたくさん含まれているとも言われています。
そのため少し前までは皮はできるだけ薄く向いた方が良いと言われてきました。
ところが最近はそのまま食べる事はもちろんのこと顔をしっかりと向いています。
そのまま食べることに抵抗があるのは何故でしょうか。
それは農薬のことを心配しているからです。
流通している果物や植物のほとんどには農薬がかけられています。
農薬を使うことによって害虫から守ることができます。
さらにはより大きくて味の良い日がなるように肥料も本当に施されています。
もし無農薬栽培でりんごを作るとするなら、味も小さく味も薄く感じるかもしれません。
農薬が使われるようになった背景には商業の仕組みと関係があります。
より多くの利益を得るためには、大きくて味の良いものを作らなければいけないからです。
自宅用に作るだけなら肥料も農薬も必要ないでしょう。
ではりんごの皮にはどんな栄養がありますか。
実に含まれている栄養と同じですが、含まれている量に違いがあります。
ビタミンやミネラル食物繊維が豊富なので栄養たっぷりの果物といえます。
りんご1個で医者いらずと言われているように、毎日一個のりんごを食べるのは健康に寄与するでしょう。
りんごの皮には酵素がたくさん含まれています。
この酵素を使って酵母菌を培養することが可能です。
酵母菌は培養できたならパンやお菓子作りに活用できます。
酵母菌はイーストやベーキングパウダーのような働きがあり、生地を膨らませる作用をすることが可能です。

そのまま食べることに抵抗があるのは農薬のことを心配しているからどのようにしてりんごの皮を使って酵母菌を培養するのか条件はできるだけ農薬やワックスがかかっていないこと