りんごの皮に秘められた意外な効果

どのようにしてりんごの皮を使って酵母菌を培養するのか

そのまま食べることに抵抗があるのは農薬のことを心配しているからどのようにしてりんごの皮を使って酵母菌を培養するのか条件はできるだけ農薬やワックスがかかっていないこと

ではどのようにしてりんごの皮を使って酵母菌を培養することができますか。
その方法はとても簡単で、誰にでも行います。
用意するものはりんごの皮と清潔な容器そして水だけです。
甘みにかけるりんごの場合は砂糖や蜂蜜を少し用意します。
これらを一緒にして放置しておきます。
1日に2回容器を降ることが上手に作るポイントです。
そのためタッパーよりガラス瓶の方が適しています。
硝子瓶を1日に2回振ることで、中の空気が流動するので上手に発行します。
もしこれを怠ると空気の流れができないので、腐敗してしまう事になるので要注意です。
1週間もするとサイダーの量になります。
雨がポコポコと出ているのが確認できるはずです。
ここに適量の小麦粉や砂糖などを入れて混ぜて焼くだけです。
りんごの香りがほのかにするとてもおいしいパンが完成します。
イーストでは決して出せない香ばしさを感じることができるでしょう。
りんごの皮にしか含まれている成分のおかげで、こんなにおいしいパンができるのは驚きです。
初めて作った時は本当に感激しました。