りんごの皮に秘められた意外な効果

条件はできるだけ農薬やワックスがかかっていないこと

そのまま食べることに抵抗があるのは農薬のことを心配しているからどのようにしてりんごの皮を使って酵母菌を培養するのか条件はできるだけ農薬やワックスがかかっていないこと

ただし条件はできるだけ農薬やワックスがかかっていないことです。
もし低農薬のものが手に入らない場合は、よく洗うしかありません。
自然界に無駄なものは1つもないといえます。
仮に顔むいて破棄したとしても、土の中に埋めるなら分解されて肥料になります。
このような自然界の循環は人間には決して真似をすることができません。
また、パンを作るのが面倒であるならそのまま飲む方法もあります。
好き嫌いがあるかもしれませんが、ジュースのように水で割って飲みます。
果物の皮はすべて酵素が付いていますので、酵母菌を作ることが可能です。
りんごの他にもトマトでもおいしいくできます。
最近は野菜の皮をむかずにそのまま食べる調理法が流行しています。
栄養を摂取できるだけでなく生ごみを減らす効果もあるからです。
地球環境にも優しいのでぜひ取り入れない調理法の1つです。

りんごの皮を剥くアッシュくん https://t.co/p46yiappLH pic.twitter.com/OEec5A1drF

— ぼん (@buntan101) September 16, 2021

合同会社KNTりんごの皮捨ててますか?|-grit(グリット)